メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

日本はどこへ―安保法運用と憲法改正

写真・図版:日本はどこへ―安保法運用と憲法改正 北朝鮮のミサイル発射を報じるニュースを見る人たち=JR大阪駅  日本の安保政策を根本的に変える安全保障関連法が2015年9月に成立。その後小野寺防衛相は17年8月、グアムが北朝鮮のミサイル攻撃を受けた場合、一般論としつつも自衛隊の参戦の可能性を唐突に示唆した。米軍と自衛隊の一体化が進み、政府による安保法の解釈拡大が懸念される中、同法の運用と憲法改正が焦点として浮上している。 

このテーマについての記事

Facebookでコメントする