メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「21世紀のリベラルと保守」を問う

写真・図版:「21世紀のリベラルと保守」を問う 「戦争させない」と書かれたプラカードを掲げる参加者たち 集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案が2015年9月19日、参院本会議で可決された。この間、安保法制反対の運動は全国的な広がりを見せ、「民主主義のバージョンアップ」を求める声も上がっている。そんな中、「21世紀のリベラル」とは何かをじっくり考えたい。それは同時に「21世紀の保守」とは何かを問う試みでもある。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする