メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

アパホテル南京事件否定本と「言論の自由」

写真・図版:アパホテル南京事件否定本と「言論の自由」 南京事件を否定する本を客室に置くアパホテル  アパホテルの客室に「南京虐殺事件は存在しなかった」と主張した本が置かれている問題は、世界に拡散した。被害者数はともかく「事件」自体はあったというのが日中専門家の共通理解だ。アパホテル側は「言論の自由」を主張するが、ヨーロッパではたとえば「ホロコースト否定」は犯罪にすらなる。史実を否定する「自由」を考える。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする