メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

オランダ総選挙とポピュリズム

写真・図版:オランダ総選挙とポピュリズム ハーグで支持者らを前に勝利宣言するルッテ首相  オランダ総選挙の投開票で、「反移民」や「反EU(欧州連合)」を掲げて人気を集めたウィルダース党首率いる右翼・自由党(PVV)は第1党の座を奪えず、ルッテ首相率いる親EUの中道右派・自由民主党が第1党を維持した。とはいえ、ポピュリズムの嵐はヨーロッパで吹きやんではいない。ポピュリズムと民主主義は今後どうなっていくのか?

このテーマについての記事

Facebookでコメントする