メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「安倍9条改憲」の核心を読み解く

写真・図版:「安倍9条改憲」の核心を読み解く インタビューに答える石川健治・東大法学部教授(撮影:吉永考宏)  憲法9条1項、2項は残しつつ、自衛隊の存在を書き加える改正憲法を2020年に施行したい――。東京都議選の大敗を受け、安倍首相が憲法改正を急いでいる。自民党の改憲草案からすれば「ソフト」な改憲論と受け取られがちだが、東大教授の石川健治さんは「事実は違う」と強調、今回の動きを「クーデターの一環」と指摘する。その真意は。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする