メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

衆院選を総括する

写真・図版:衆院選を総括する インタビューにこたえる自民党の安倍晋三総裁=10月22日午後11時6分  臨時国会冒頭の解散、民進党の分裂、新党の結成と、激しく情勢が動いた衆議院選挙は、自民・公明の与党が313議席を獲得し、3分の2を占めた。新党は、立憲民主党が公示前の3倍以上に議席を増やして躍進、希望の党は公示前から議席を減らし、明暗を分けた。今回の衆院選が持った意味と、今後の日本の政治の姿について考える。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする