メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

新連載「トランプ・ウォッチ最前線」

写真・図版:新連載「トランプ・ウォッチ最前線」 「ラストベルト」で〝凱旋〟集会を開いたトランプ氏=ランハム裕子撮影  一体どれだけの人がホワイトハウスの執務室に座るトランプ氏の姿を想像できただろう。あれから1年、「米国第一主義」を掲げ、国内では分断の壁を築く大統領に対し、米国は身もだえ、世界はきしむ。だがその言動が予測不能だからとひるむわけにはいかない。同氏の行動原理は何か。背景にある問題とは。最前線で「トランプ時代」を見つめる。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする