メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

沖縄県名護市長選の結果が問いかける

写真・図版:沖縄県名護市長選の結果が問いかける 当選を決め、万歳する渡具知武豊氏(中央)=2月4日、沖縄県名護市  沖縄県名護市長選の投開票が2月4日にあり、米軍普天間飛行場の辺野古移設計画を事実上容認する渡具知(とぐち)武豊氏が稲嶺進氏を破り、初当選した。政府は移設作業を加速させる方針で、在日米軍再編への協力に応じ自治体に交付する「再編交付金」を同市に交付する方向で検討に入った。市民を長年分断させてきた選挙が問いかけるものは。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする