メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

左派・リベラルは再生できるか?

写真・図版:左派・リベラルは再生できるか? 左から、福島瑞穂・社民党党首、志位和夫・日本共産党委員長、未来の党の代表だった嘉田由紀子・滋賀県知事

 先の総選挙で「第三極」として注目された「日本未来の党」は、選挙で惨敗したあげく、結党から一カ月ほどで分裂し、嘉田由紀子氏(滋賀県知事)は早くも代表を辞任してしまった。また、社民党はわずか2議席の獲得にとどまり、存亡の危機とも言われる。日本共産党も、選挙前から1議席減らした。このような「左派」「リベラル」政党の低落の原因はどこにあったのだろうか。この夏の参院選を控え、どう立て直していくのか、正念場の半年である。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする