メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

共産党「大躍進」は本物か?

写真・図版:共産党「大躍進」は本物か? 候補者とともに街頭で支持を訴える志位和夫・日本共産党委員長=2013年7月5日、札幌市の大通公園  日本共産党が都議選で議席を倍増させ、自民、公明党に次ぐ第3党になった。7月21日の参院選でも、各紙の情勢調査によると議席を大幅に増やしそうだ。12月の衆院選以来、民主党が低迷し、生活、社民、みどりの風、社民など政治主張が比較的近い野党同士の選挙協力も進まない。こうしたなかで共産党が、自民党の訴える憲法改正、原発推進などに反対する人たちの「受け皿」になっているという指摘が強い。だが、本当にそうなのか? 都議選の結果をあらためて冷静に分析し、共産党の可能性と課題を考える。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする