メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

都知事選、「原発問題」が隠された理由

写真・図版:都知事選、「原発問題」が隠された理由 東京都の舛添要一・新知事  都知事選は舛添要一氏が当選した。選挙戦では、「細川護熙・小泉純一郎連合」や宇都宮健児氏に比べ、舛添氏は原発については積極的に訴えることを避けた。そのうえでの圧勝である。たしかに、この選挙では「原発は争点にならない」という論評も多かった。しかし、争点にならなかったのではなく、しなかったのではないか? あらためて、原発を争点にすべきだった理由、東京で原発を問う意味を考える。 

このテーマについての記事

Facebookでコメントする