メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「集団的自衛権」容認の危うさ

写真・図版:「集団的自衛権」容認の危うさ 集団的自衛権容認に大きく踏み出した安倍晋三首相=2014年5月15日、首相官邸  安倍晋三首相が私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の報告書を受けて、集団的自衛権の行使容認に向けた与党協議に入ることを表明した。いよいよ憲法解釈によって、集団的自衛権の行使を認める方向に舵を切ったことになる。しかし、ことは集団的自衛権を認めるかどうかという安全保障上の論点にとどまらない。一内閣が憲法解釈を変更することが許されるのかどうかという深刻な問題もはらんでいるのだ。立憲主義、憲法解釈、安全保障……多角的な視点で考える。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする