メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

香港「雨傘革命」の結末

写真・図版:香港「雨傘革命」の結末 香港中心部の幹線道路で開かれた民主派の学生たちによる集会=2014年10月4日  2017年行政長官選挙制度をめぐって、中国の方針に反発した学生や民主化運動家たちによる街頭占拠が長期化してきた。警察当局の放つ催涙弾・催涙スプレーを多くの学生が傘を広げて防ごうとしたため「雨傘革命」と呼ばれ始めた今回の事態、香港政府と学生たちとの対話が決裂した場合、「北京」は難しい選択を迫られることになる。妥協の道はあるのか、1989年の「天安門事件」の再現といった最悪のシナリオはあり得るのか、香港の緊迫は続く――。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする