メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

憲法学で読み解く民主主義と立憲主義

写真・図版:憲法学で読み解く民主主義と立憲主義 日本国憲法の公布原本  「立憲主義」にしろ「集団的自衛権」にしろ、こんな言葉はふだん考えたことも使ったこともなかった人が大半だっただろう。安倍政権が憲法改正や集団的自衛権の行使容認を主張しはじめるまでは…。7月1日の閣議決定の前後から、「賛成」「反対」の声が飛び交ったが、両者の議論はなかなかかみあわない。ここでは、賛否を超えて、「憲法学」の立場からこの問題をじっくりと議論してみたい。「武力行使」とは何なのか、集団的自衛権行使の容認にはどういう論理が必要なのか、そして立憲主義とは何なのか、丁寧に考える。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする