メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

「われら以外の人類」からわれらが受け継いだもの

内村直之

内村直之 科学ジャーナリスト、北海道大学客員教授

 人類の祖先がチンパンジーの祖先と別れ、今のわれらにつながる萌芽がアフリカで生まれたのは今から700万年前ごろとされている。その時から、20種を越える人類が地球に現れたのだが、現生人類であるホモ・サピエンスただ1種を除いてすべてが絶滅したとされる。しかし、最近のヒトゲノム科学の発展で、絶滅した「われら以外の人類」はわれらホモ・サピエンスと共存し、密接に関係を持ち、彼らの遺伝子をわれらにしっかりと残していたことが分かってきた。かなり見かけは違っても「同じ人類」として認識しあい、共存する知恵が両者にあったようだ。互いに否定しあい、紛争が絶え間ないわれら現生人類に学ぶことはないだろうか。

拡大遺伝子を分け合ったネアンデルタール人の頭骨(模型)に見入るスバンテ・ペーボ氏。(マックスプランク進化人類学研究所提供 @ Frank Vinken)

 ネアンデルタール人がわれらホモ・サピエンスと「婚姻」していたことが明らかになったのは昨年5月のこと。ドイツ・マックスプランク進化人類学研究所の進化遺伝学部門を率いるスバンテ・ペーボ氏らが、クロアチアのヴィンジャ洞窟から発見されたネアンデルタール人女性の全遺伝子を解読、複数の現生ホモ・サピエンス集団のゲノムと詳細に比較した結果、アフリカ人を除くホモ・サピエンス集団(具体的には、オセアニア、東アジア、欧州の各集団)の遺伝子の1〜4%はネアンデルタール由来であると結論づけた(http://www.eva.mpg.de/neandertal/press/press_kit.html)。これまでの部分的な遺伝子研究では、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの間に「遺伝子交流はない(つまり婚姻はない)」というのが常識とされていたから、これは世界を驚愕させた。

 古代人の化石や遺跡の年代、分布から推測すると、 ・・・続きを読む
(残り:約1488文字/本文:約2187文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

内村直之

内村直之(うちむら・なおゆき) 科学ジャーナリスト、北海道大学客員教授

科学ジャーナリスト、北海道大学客員教授。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程満期退学。1981年、朝日新聞入社。福井、浦和支局を経て、科学部、西部本社社会部、科学朝日、朝日パソコン、メディカル朝日などで科学記者、編集者として勤務し、2012年4月からフリーランス。興味は、基礎科学全般、特に進化生物学、人類進化、分子生物学、素粒子物理、物性物理、数学などの最先端と科学研究発展の歴史に興味を持つ。著書に『われら以外の人類』(朝日選書)など。【2015年10月WEBRONZA退任】

内村直之の新着記事

もっと見る