メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

入試の公平性再考――木を見て森を見ず

須藤靖

須藤靖  東京大学教授(宇宙物理学)

入学試験時間中に問題がインターネットの掲示板に流出したことが大きく取りざたされている。気まじめな人々からは、すでに入試の「公平性」を憂慮する意見が噴出しているらしい。落ち着いて考えれば今回の行為自体が全体としての入試の公平性に与える影響などたかが知れている。そんな「瑣末な」問題の議論に膨大な時間を費やすよりも、2011年1月20日付の本欄「入試の公平性ってなんだろう」で問いかけた観点から入試の「意義」を改めて考え直す契機となることのほうを期待したい。 ・・・続きを読む
(残り:約2045文字/本文:約2272文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

須藤靖

須藤靖(すとう・やすし)  東京大学教授(宇宙物理学)

東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授。1958年高知県安芸市生まれ。第22期・第23期日本学術会議会員。主な研究分野は観測的宇宙論と太陽系外惑星。著書に『ものの大きさ』、『解析力学・量子論』、『人生一般二相対論』(いずれも東京大学出版会)、『一般相対論入門』(日本評論社)、『三日月とクロワッサン』、『主役はダーク』『宇宙人の見る地球』(いずれも毎日新聞社)などがある。

須藤靖の新着記事

もっと見る