メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

留学生に冷たい東大、異端児を拒絶する学校、そして吉田松陰

秋山仁 数学者、東京理科大理数教育研究センター長

 東大の国際化について、松田良一・東大教養学部生命環境科学系教授が『教養学部報第556号』で「もともと留学生に冷たい東大に国際化はできるのか?」と問題提起していた。非常に考えさせられる内容だったので、まずこれを紹介して、日本の大学教育について考えたい。

 松田教授の記事によると、東大には以前から外国の中等教育課程修了生を対象とする特別選考制度があり、数年前、飛び級で母国の中等教育を終了した16歳の留学生を入学させたことがあった。飛び入学を早くから実施している千葉大学では、特別の少人数制のサポートをしているが、東大には飛び級生にも留学生にも特別なサポートはほとんどない。日本の高校との学習内容の違いなどもあって、その学生は2年進級時に留年してしまい、そのため奨学金が打ち切られてしまった。日本や海外の他大学に移ろうにも単位互換はほぼ不可能、彼は困り果て個別に何人かの教員を訪ねたのだが、東大は昔から「ルールはすべて履修の手引書や入学時のオリエンテーションで説明済みのはずだ」と言って学生を退けるのが常で、この16歳の留学生への対応も全く同じで気の毒だったという。

 そういう感じでやってきた同大学で、今年度から、英語による国際化教育プログラムが開始され、このプログラム枠で新たに定員30名を国際環境学コース(理II枠)と国際日本研究コース(文III枠)で受け入れることになった。松田教授はこの制度の広報をすべく諸外国の有力高校を訪問して歩いているそうだが、その際、 ・・・続きを読む
(残り:約2295文字/本文:約2929文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

秋山仁

秋山仁(あきやま・じん) 数学者、東京理科大理数教育研究センター長

東京理科大学理数教育研究センター長。1969年東京理科大学応用数学科卒、72年上智大学大学院修了。日本医科大助教授などを経て82年から東海大学教授、2012年から現職。駿台予備校でも長年教えた。「大道数学者」「レゲエ数学者」などと呼ばれ、NHK教育テレビほかテレビ出演多数。著書に「秋山仁の数学渡世」「数学に恋したくなる話」など。専門は離散幾何学。

秋山仁の新着記事

もっと見る