メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS
 先日、作家としては久々の新刊となる小説第2作『タマサイ 魂彩』(南方新社)を上梓した。
タマサイ拡大80冊以上の著作の中で小説としては2冊目となる『タマサイ 魂彩』

 せっかちな性格に似合わず、前作『ベーリンジアの記憶』(幻冬舎、現在は電子版として自家復刊)以来、取材期間を含めて18年も温めた作品だが、それだけ時間が経つと時代の変化によって内容のアップデートを迫られることがいくつかあった(ちなみに、そろそろ40年に近づく物書きのキャリアで80冊を超えた著訳書のうち、フィクションの自著はこの2作のみ)。

 一つは登場人物たちが使うモバイル端末の変化だ。最初は旧式の指押しケータイで、パソコンもネット環境はISDN(若い人は知らないだろう)。旅先でメールをダウンロードするには、公衆電話のISDN端子につなぐなどという詳細を書き込んだりしていた。ややしばらくすると、ブラックベリーなるものが一世を風靡し、海外の友人にはそれを駆使させることにした。やがてそれも古くなり、 ・・・続きを読む
(残り:約2005文字/本文:約2402文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

星川 淳

星川 淳(ほしかわ・じゅん) 作家・翻訳家、一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト代表理事

1952年東京生まれ、作家・翻訳家。一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト代表理事。82年より屋久島在住。国際環境NGOグリーンピース・ジャパンの前事務局長。著書に『タマサイ』(南方新社)、『魂の民主主義』(築地書館)、訳書にP・アンダーウッド『一万年の旅路』(翔泳社)、共著に坂本龍一監修『非戦』(幻冬舎)など多数。 著者サイトはこちら。アシタノアシアト  【2016年5月WEBRONZA退任】

 

星川 淳の新着記事

もっと見る