メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

半数が転職検討―若者が会社を辞める本当の理由

湯之上隆 コンサルタント(技術経営)、元半導体技術者

 日本経済新聞社とNTTコムリサーチがインターネットを使って共同で実施した転職意識調査によれば、男性も女性も20代は、約5割が転職を検討しているという(日経新聞2014年8月19日)。転職を希望する理由は、男女および年齢によって異なるが、20代男性では「給与水準」、20代女性では「職場の人間関係」をあげる人が最も多かった。

拡大

 20代女性の「職場の人間関係」に悩んで転職を検討するのは理解できるが、20代男性は本当に「給与水準」が不満で転職するのか疑問である。なぜなら、実際に入社してみなければどんな人間関係が待っているかわからないのに対して、給与水準は入社前にある程度は調べることが可能だと思うからだ。

 したがって、私は、20代男性の転職理由には、もっと別の本音があるのではないかと疑っている。本当は何か別の不満があるのだが、調査で転職する理由を聞かれて、手っ取り早く「給与水準」と答えたのではないだろうか。そのように推論(邪推か?)する理由を述べてみよう。

 まず、入社して3年以内に離職する新卒者がどのくらいいるのかを厚生労働省の統計データで見てみよう(図2)。1996~2010年までの中学卒、高校卒、短大卒、大学卒の3年以内に離職した新卒者は、それぞれ、70~60%、50~35%、40~45%、35~30%となっている。このように若干数値の変動があるものの、おおよそ中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が3年以内に離職することから、世間では「七五三現象」と呼ばれているらしい(知らなかった)。

拡大
拡大

 さて次に、 ・・・続きを読む
(残り:約1527文字/本文:約2189文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

湯之上隆

湯之上隆(ゆのがみ・たかし) コンサルタント(技術経営)、元半導体技術者

1987年京大修士卒、工学博士。日立などで半導体技術者を16年経験した後、同志社大学で半導体産業の社会科学研究に取り組む。現在は微細加工研究所の所長としてコンサルタント、講演、各種雑誌への寄稿を続ける。著書に『日本半導体敗戦』(光文社)、『電機・半導体大崩壊の教訓』(日本文芸社)、『日本型モノづくりの敗北-零戦・半導体・テレビ-』(文書新書)。趣味はSCUBA Diving(インストラクター)とヨガ。 【2016年8月WEBRONZA退任】

湯之上隆の新着記事

もっと見る