メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

IoT(モノのインターネット)はどこがすごい?

未来予測の手段となって巨大市場を生み出す

湯之上隆 コンサルタント(技術経営)、元半導体技術者

良く分からないIoT

拡大米国の家電見本市で発表されたセレボのスノーボード用金具「XON(エックス・オン)」。上手に滑れているか光って知らせたり、タブレット端末でチェックしたりできる=1月5日、米ラスベガス ,高木真也撮影
 IoT(Internet of Things=モノのインターネット)がブームである。新聞や雑誌では、毎日のようにIoTが取り上げられている。1月初めにラスベガスで開催された家電の見本市Consumer Electronics Show(CES)でも、IoTとそれに関係するウエアラブル端末で溢れかえっていたようである。

 ところが、IoTとは何かが今一つ良く分からない。

 なぜ、あらゆるモノとモノがネットでつながる必要があるのだろう。IoTに懐疑的な人は私の他にもいる。

拡大走った距離や走行ルートを記録し、スマホで確認できるペダル。位置情報を送るため、盗まれても追跡できる=米ラスベガス、宮地ゆう撮影

 例えば、米国の電機電子業界誌EE Timesの吉田順子記者は、「IoTを考える―洗濯機とグリルの通信に、意味はあるのか」という題名でIoTを批判する記事を書いている(EE Times 2014年7月22日)。

 また、「米シスコシステムズによるとネットにつながる機器の数は15年に250億個、20年に500億個に達する見通し。米IDCの予測では、関連機器やソフト、サービスの市場規模は20年に7兆650億ドルに膨らむ」(日経新聞2014年6月17日)と報道されているが、IoTによって、どうしたらこのような巨大市場が生まれるのか納得がいかなかった。

IoTは未来を予測する

 そのような中、 ・・・続きを読む
(残り:約2492文字/本文:約3038文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

湯之上隆

湯之上隆(ゆのがみ・たかし) コンサルタント(技術経営)、元半導体技術者

1987年京大修士卒、工学博士。日立などで半導体技術者を16年経験した後、同志社大学で半導体産業の社会科学研究に取り組む。現在は微細加工研究所の所長としてコンサルタント、講演、各種雑誌への寄稿を続ける。著書に『日本半導体敗戦』(光文社)、『電機・半導体大崩壊の教訓』(日本文芸社)、『日本型モノづくりの敗北-零戦・半導体・テレビ-』(文書新書)。趣味はSCUBA Diving(インストラクター)とヨガ。 【2016年8月WEBRONZA退任】

湯之上隆の新着記事

もっと見る