メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS
トークショー「数学と理科の楽しみ方」(数学者秋山仁氏×生物学者武村政春氏×朝日新聞編集委員高橋真理子,2015年1月28日,東京理科大学数学体験館にて)の採録を続ける。

拡大数学体験館には、数学を体験できるさまざまなおもちゃが展示してある。中央にあるのは楕円の性質を体感できる「楕円ビリヤード」
武村 僕ははっきり言って昆虫が嫌いなんです。生物学者って皆さん昆虫、好きじゃないですか。養老孟司さんとか、福岡伸一さんだってそうですよね。池田清彦さんとか、みんな昆虫が好きで、昆虫が好きじゃないと生物学者になるなみたいな、そういう風潮があるんじゃないかと思って。

高橋 あります。

武村 私なんかは子供のころからカブトムシとかも捕ったことがなくて、イモムシも触るのも嫌だという人間なものですから。そういう人間がなぜ生物学者をやっているかというと、今、分子生物学というのは試験管の中の液体を扱っているようなものです。生物個体を生で見ることはない。だから生物が嫌いでも生物学をやれる。これをアピールしたい。

 例えば実験をたくさんやらせなければいけないとか、実験がやられなくなったから理科離れが進んでいるという議論がありますね。僕自身は子どものころはあまり実験は好きじゃない方で、高校時代も実験をしたという記憶があまりないんですね。もちろん僕は生物部に入っていたもので、その意味では生物好きだったんではあるんですけれども……

高橋 どうしてなんですか? 昆虫が嫌いで生物部に入るって・・・

武村 その生物部は昆虫を使ってなかったからですね。

高橋 何をやっていたんですか?

武村 何をやっていたか忘れましたね。忘れたぐらい、ほとんど何もしなかったんですけど。それでもやはり理科の魅力というものに取りつかれて私は今ここにいるわけなんです。何でなのかなと自問しているところがあります。だから今、「実験嫌いな子でも理科好きになるための方策」というテーマで研究もしているんです。つまり実験嫌いな子にも門戸を開くような、そういう科学教育もありなんじゃないかなと思っています。

高橋 先ほど秋山先生は、数学に能力は関係ない、執着心だけだとおっしゃいましたけれども、私は ・・・続きを読む
(残り:約2828文字/本文:約3716文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


関連記事

レコメンドシステムによる自動選択

筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の新着記事

もっと見る