メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

北陸新幹線の建設ルートは変更されたが……

なお求められる、中池見湿地を守る監視の目

米山正寛 朝日新聞DO科学編集長

 北陸新幹線の延伸ルートが、ラムサール条約登録湿地の中池見湿地(福井県敦賀市)を通る問題(webronza「北陸新幹線がラムサール登録湿地を脅かす!」2015年1月26日付参照)で、大きな動きがあった。建設主体となる鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が、建設による悪影響を低減するためのルート変更を5月8日に発表したのだ。その前段として3月15日には、同機構によって設けられた中池見湿地付近環境事後調査検討委員会が科学的データに基づいた議論の上で、「アセスルートに変更し、環境影響を回避、あるいは、より低減できるように配慮されることが望ましい」と記した提言書をまとめていた。ラムサール条約登録湿地という国際的な保全対象地への悪影響を避けることは、当然の選択ではあったのだが、これで問題がすべて解決したわけではないようだ。 ・・・続きを読む
(残り:約2008文字/本文:約2375文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 朝日新聞DO科学編集長

朝日新聞科学医療部記者兼DO科学編集長。朝日新聞の科学記者を経て公益財団法人森林文化協会へ出向し、事務局長補佐兼「グリーン・パワー」編集長を務めた。2018年4月から現職。ナチュラリストを夢見ながら、とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せて取材活動を続けている。

米山正寛の新着記事

もっと見る