メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

鳥に種子をまいてもらうランがあった!

ツチアケビが採用した常識はずれの繁殖戦略

米山正寛 朝日新聞DO科学編集長

 みなさんは dust seed という言葉を聞いたことがあるだろうか。日本語に訳せば、ほこり種子。ほこりのように小さくて大量につくられる、ランの仲間の種子の代名詞だ。できた種子をどのようにまくかは、植物の繁殖戦略の中でも一番のポイントだろう。ランの果実は、熟すと乾いて割れる蒴果という区分に入るものがほとんど。その中にできた小さなランの種子は、基本的には風に舞って飛ぶ風散布種子という部類に入るとみなされてきた。

 ところが、そんなラン科植物の中に種子の散布を鳥に依存する仲間がいることを、京都大学の末次健司・白眉センター特定助教たちが初めて報告した(Nature Plants, Published online 05 May 2015)。報告を目にした時、砂粒よりもはるかに小さくてサラサラしたランの種子を見た以前の記憶がよみがえり、「えぇっ~」と思わず声が出た。

ツチアケビの花拡大ツチアケビの花
赤く熟したツチアケビの果実拡大赤く熟したツチアケビの果実

 種子が鳥散布だと報告されたランは、ツチアケビと呼ばれる。秋の山で実るアケビの果実に似た、丸くて長くジューシーな液果をつけることが、和名の由来だろう。液果は赤くたわわに実り、大量にぶら下げられたウインナーソーセージに似ている、という人もいる。ツチアケビの果実は割れないし、種子のサイズもランの仲間としては大きめだ。だからランの中では不思議な存在であり、鳥が種子散布するという話は30年以上前からささやかれてきた。だけど、目撃談はあっても、誰も証拠となるデータを示して報告していなかった。

ツチアケビの果実にやってきたヒヨドリ=鳥の写真はいずれも末次健司さん提供
拡大ツチアケビの果実にやってきたヒヨドリ=鳥の写真はいずれも末次健司さん提供
 そんな長年の謎に興味を感じた末次さんは、秋から冬にかけての時期、滋賀県内の林床で果実をつけたツチアケビの前に、生き物の動きに反応する自動撮影カメラを設置し、のべ2427時間にわたって、そこへ鳥などが現れると撮影できるようにした。 ・・・続きを読む
(残り:約1425文字/本文:約2173文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 朝日新聞DO科学編集長

朝日新聞科学医療部記者兼DO科学編集長。朝日新聞の科学記者を経て公益財団法人森林文化協会へ出向し、事務局長補佐兼「グリーン・パワー」編集長を務めた。2018年4月から現職。ナチュラリストを夢見ながら、とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せて取材活動を続けている。

米山正寛の新着記事

もっと見る