メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

博士号取得者の初の追跡調査まとまる

修了時に半数以上が平均440万円の借金という衝撃

高橋真理子

 博士号を得た人たちの初の追跡調査を文部科学省の科学技術・学術政策研究所がまとめた。職に就いた人の中で大学や公的研究機関などの「アカデミア」に入ったのは約6割、民間企業など非アカデミアが4割で、アカデミアの8割以上が任期制雇用だったのに対し、民間企業では正社員がほとんどで、所得も比較的高い。だが、処遇に満足しているかどうかは、収入とあまりリンクしていないという興味深い結果だった。一方、留学生や社会人学生を除いた学生(課程学生)は、博士修了時に半数以上が平均440万円程度の借金を抱えていることも明らかになった。博士課程進学は経済的に見合うのか、という観点からの結論は、「ビミョー」としか言いようがない。

拡大博士課程修了時の借り入れの有無=「博士人材追跡調査」第1次報告書から

 調査は12年度中に日本の大学院の博士課程を修了した全員が対象で、約5000人が回答(回収率38.1%)した。かつて02年~06年度の博士課程修了者について大学を通じて全数調査をしたときは、進路先不明者が30%を超え、大学を通じた調査の限界があらわになった。今回は、本人がWEBを通じて直接回答する方式をとったが、回収率は4割に届かなかった。しかし、調査を実施した第一調査研究グループは「90年代から博士の追跡調査をやっている英国も回答率は4割程度。英国と同程度と受け止めている」と話す。

拡大博士課程入学者数と属性=「博士人材追跡調査」第1次報告書から

 日本で博士号取得者が急増したのは、90年代に入ってからだ。日本学術振興会が85年度に特別研究員制度を創り、学生に研究奨励金を出すようにし、当時の科学技術庁系の組織も追いかけるように同様の制度を作ったことが効いている。さらに第1期科学技術基本計画(1996年度~2000年度)で「ポスドク1万人計画」が打ち出され、博士号を取得したあとの研究職「ポストドクター」を大学や研究機関が積極的に雇うようになった。そのための資金を文科省が出したわけである。ポスドクが研究を担っている米国のやり方にならった、つまりは真似したのだった。

 しかし、 ・・・続きを読む
(残り:約1634文字/本文:約2450文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞記者

朝日新聞記者。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の新着記事

もっと見る