メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

決済システムが一変? 想像絶する構造変化の予兆

ブロックチェーンの革新性は、インターネットに匹敵する

山下哲也 エバンジェリスト、山下計画(株) 代表取締役CEO

 ふと、電車の中を見渡すと、誰もが手にして見つめているのはスマートフォンだ。今や私たちの日常はインターネット上を飛び交う情報に依存しているが、あまりにも当たり前過ぎて、それを強く意識することはほとんどないだろう。このインターネットの成長性を、90年代当時に多くの専門家は見抜くことができなかった。

 スマートフォンが使用するLTEや3Gといった無線通信技術は、90年代に国際統一規格を目指し、国際電気通信連合(ITU)と各国標準機関が連携して開発・標準化が進められたが、未来の携帯電話として3Gの基本的な要求仕様をまとめたITU-Rの勧告文書(Rec. ITU-R M.816-1)の中にインターネット対応を必須の機能として規定する言葉はない。当時私は、規格の提案書作成にあたる標準化メンバーの一人として連日膨大なメール や検討資料と格闘している中でこれに気づき、ひどく驚いたことを覚えている。検討資料のほとんどは、各国のメンバー・企業の間でインターネットを介してやり取りがなされていたにもかかわらず、既に目の前にあり日々使い始めていたインターネットが、将来、電話にとってかわるポテンシャルを誰もが見過ごしていたのだ 。

 今、そのインターネットの世界で新たな革新が台頭しつつある。それはブロックチェーン(blockchain)と呼ばれる技術だ。

拡大都内のダイニングバーに設置されたビットコインの「ATM」。ビットコインを買うことも売ることもできる=2014年6月18日、篠 健一郎撮影

 2014年に日本でも話題になったビットコイン(Bitcoin)は、これを具体的に利用したものといえば分かりやすいが、一方で、ビットコイン取引所の一つであったマウント・ゴックスの破綻騒ぎにより、ブロックチェーンを今ひとつ信用がおけない怪しげな仕組みと誤解されている方も多い。

 ブロックチェーンは電子マネー専用技術ではない。インターネットと ・・・続きを読む
(残り:約1622文字/本文:約2366文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

山下哲也

山下哲也(やました・てつや) エバンジェリスト、山下計画(株) 代表取締役CEO

NEC・Motorolaにて携帯電話のシステム開発に従事、NTTドコモではi-mode及びスマートフォン戦略担当として各種戦略提携・スマートフォン導入にあたるなど、20年以上モバイルIT分野を歩み、2012年に独立、ITイノベーションの研究及びビジネス開発支援を行う山下計画株式会社を設立。2015年より近距離無線の国際標準規格NFCの普及に向けた活動に取り組む。2007年 マサチューセッツ工科大学 Sloan FellowsにてMBAを取得。
Twitter : @tetsu_yamashita
Facebook : https://www.facebook.com/tetsuya.yamashita.90
【2017年3月WEBRONZA退任】

山下哲也の新着記事

もっと見る