メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

熊本地震、改訂で規模小さく予測

政府の地震調査委員会 活断層の長期評価は難しい

瀬川茂子 朝日新聞編集委員

 

 熊本の16日の地震は、政府の地震調査委員会が「評価」していた断層で発生した。マグニチュード(M)7・0の地震規模を予測していたが、実際はM7・3だった。この断層については、2013年に評価の改訂があり、今後30年以内の地震発生確率が、改訂前の0%から0・9%に引き上げられていた。改訂前なら、「安全だと思っていた場所で地震が起こった」と批判されたことだろう。一方、地震規模の予測は改訂前のM7・2から0・2引き下げた。なぜ規模の予測を引き下げたのか。改訂前のほうがよかったと指摘する研究者もいる。活断層の長期予測が始まって以来ずっと指摘されてきた課題が今回もまた浮かびあがった。

拡大布田川断層帯に沿って地表に現れたずれ。麦畑が2メートルほどずれていた=香取啓介撮影

 普通に考えると、最新の科学成果を取り入れて、予測が変わるのは良いことだ。しかし、改訂で断層評価が変わった理由をみると、予測に大きな不確実性を含むことがよくわかる。細かい数字が出てくると、いかにも精緻な予測をしているように見えるが、実は、研究者の間で議論になっているような内容が含まれており、新発見や解釈の変更があると、簡単に数字は変わる。この不確実性を含む予測が、被害想定などの防災対策の前提として使われている。

 改訂で、地震規模の予測が小さくなった主な理由は、 ・・・続きを読む
(残り:約1863文字/本文:約2394文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

瀬川茂子

瀬川茂子(せがわ・しげこ) 朝日新聞編集委員

1991年朝日新聞社入社。大阪本社科学医療部次長、アエラ編集部副編集長などを務める。共著書に「脳はどこまでわかったか」(朝日選書)、「iPS細胞とはなにか」(講談社ブルーバックス)、「巨大地震の科学と防災」(朝日選書)など。

瀬川茂子の新着記事

もっと見る