メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

報道ヘリコプターを減らせないのか

「恐怖心をあおる」「自衛隊ヘリの妨げ」という被災者の声

湯之上隆 コンサルタント(技術経営)、元半導体技術者

 熊本地方で4月14日および16日に、それぞれ、マグニチュード6.5および7.3の地震が発生し、益城町(ましきまち)では2度に渡り震度7を観測した。

 震度7は、激震と名付けられた最大級の地震である(それ以上の震度はない)。国内で震度7を観測した地震を気象庁のデータベースで検索すると、全部で5回ある。1995年の阪神大震災、2004年の新潟県中越地震、2011年の東日本大震災、そして今回の熊本地震の2回である。つまり、益城町は、日本でわずか5回しか記録されていない震度7の大地震に、28時間の間に2回も襲われたのである。

 この益城町の知人(Aさん)から、至急記事を書いて欲しいという依頼のメールを頂いた。それによれば、「熊本の被災者が一番迷惑をしているのは報道ヘリコプター」であるという。それは何故なのかを本稿で詳述する。そして報道機関には、共同でヘリを飛ばすなど、極力報道ヘリを減らすよう要請したい。

建物の中に避難するのが怖い

 私は2012年から1ヶ月に2回、有料のメルマガ「内側から見た半導体村」を発行している。会社を経営しているAさんはその読者で、時々メールをやり取りするお付き合いをしている。

拡大崩れた家の屋根に穴を開け、部屋の中から物を取り出す住民=4月17日、熊本県益城町、白井伸洋撮影

 そのAさんから4月22日に、「実は私、益城町に住んでいます。今回の地震をモロに受けました」というメールを受け取った。私はAさんが益城町に住んでいることを知らなかったので、大いに驚いた。幸い、ご本人、ご家族、従業員は無事だったとのことで、まずはホッとした。

 4月14日の震度7の地震(前震)では、日奈久断層付近の直径5km範囲に被害が集中し、Aさんのご自宅はそこから2kmほどの所だったという。また、16日の震度7の本震では、府田川断層付近の直径10km範囲に被害が集中し、Aさんの自宅はほぼその断層沿いにあったようである。それ故、「非常に恐ろしい思いをした」と言っている。

 その後、Aさん一家は、指定避難場所の温泉宿泊施設「エミナース」にクルマで避難したが、クルマの中で避難生活を送っているという。その理由は、2度に渡る大地震の恐怖がトラウマになって建物の中に入ることができないからだという。

 私もテレビで、学校のグラウンドなどの屋外に大勢の方が避難している異常な光景を見た。シートを敷いて毛布を被っている人もあれば、Aさんのように駐車場に停めたクルマの中に避難している人もいた。

松本副大臣の無責任な発言

 4月15日に災害対策本部長として被災地入りした松本文明・内閣府副大臣は、熊本県の蒲島郁夫知事に会うなり、「今日中に青空避難所というのは解消してくれ」と指示したらしい。しかしそれは、「建物の中が怖い」という避難民の心情を理解していない無責任な発言である。

 松本氏は他にも、16日の本震の後に行われた県と政府のテレビ会議において河野太郎防災担当大臣に、被災地に食料などの物資が不足しているにもかかわらず、「食べるものがない。これでは戦えない。近くの先生(国会議員)に差し入れをお願いして欲しい」などと申し出ていたとのことである。人間的に問題があるとしか思えない。

 20日に現地対策本部長は、松本内閣府副大臣から酒井庸行内閣府政務官に交代となったが、政府には最初からもっとまともな人選をしてもらいたい。というより、それ以前に、このような方が「内閣府副大臣」というポジションに就いていることが問題なのではないか。

騒音がひどく、不安をあおる報道ヘリ

 さて、私はAさんにお見舞いの返信メールを出し、そこで「私に何かできることはないでしょうか?」と書き添えた。すると、すぐに記事に書いて欲しいこととして、「今、熊本の被災者が一番迷惑をしているのは報道ヘリコプターです」というメールが返ってきた。

 Aさんによれば、 ・・・続きを読む
(残り:約892文字/本文:約2461文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

湯之上隆

湯之上隆(ゆのがみ・たかし) コンサルタント(技術経営)、元半導体技術者

1987年京大修士卒、工学博士。日立などで半導体技術者を16年経験した後、同志社大学で半導体産業の社会科学研究に取り組む。現在は微細加工研究所の所長としてコンサルタント、講演、各種雑誌への寄稿を続ける。著書に『日本半導体敗戦』(光文社)、『電機・半導体大崩壊の教訓』(日本文芸社)、『日本型モノづくりの敗北-零戦・半導体・テレビ-』(文書新書)。趣味はSCUBA Diving(インストラクター)とヨガ。 【2016年8月WEBRONZA退任】

湯之上隆の新着記事

もっと見る