メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

未来へ伝えたいハナノキのある里山景観

開発の流れが最大の自生地に迫る

米山正寛

ハナノキの花(雄花)。ハナノキは雌雄異株なので雄木と雌木がある拡大ハナノキの花(雄花)。ハナノキは雌雄異株なので雄木と雌木がある
 ハナノキというカエデの仲間の樹木がある。秋に目を奪われるカエデ類の紅葉に比べると、春先に咲くその花はとても小さい。それにもかかわらず、この種がハナノキと名付けられたのは、葉が開く前に咲く赤い色の花が、まだ冬枯れの景色を残した里山へほんのりとした温かさとともに春の訪れを告げたからだろう。そんなハナノキは、本来の自生地が岐阜、愛知、長野という3県の里山湿地に限られており、「東海丘陵要素」とも呼ばれる地域性の高い種の一つとなっている。だが、その自生地も里山の開発などで少しずつ失われてしまい、現在は30カ所あまりとされ、自生が確認できている個体は全国で2000本程度と少ない。このため環境省は絶滅の恐れのある種を掲げたレッドリストで、絶滅危惧Ⅱ類に指定している。

リニア駅への連絡道を計画

 このように数少ない自然界のハナノキに今、大きな危機が迫っている。自生個体の半数近くが生育している岐阜県中津川市千旦林地区の岩屋堂集落を貫く形で、自動車専用道路を整備する計画が進んでいるためだ。 ・・・続きを読む
(残り:約1724文字/本文:約2167文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 森林文化協会事務局長補佐

公益財団法人・森林文化協会事務局長補佐(学術、出版)兼「グリーン・パワー」編集長。朝日新聞の科学記者を経て現職。とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せ、取材活動を重ねてきた。森林文化協会は、「山と木と人の共生」を基本理念として1978年に設立された朝日新聞創刊100周年記念の財団。
森林文化協会公式サイト

米山正寛の新着記事

もっと見る