メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大学ランキングは欧州でも議論の的

グローバル化が否応なく押し寄せる中で、大学がとるべき道は--

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

拡大欧州サイエンスオープンフォーラムの会場となったマンチェスター・セントラル=写真はいずれも筆者撮影
 2年に一度の欧州サイエンスオープンフォーラム(ESOF)が英国マンチェスターで7月下旬に開かれた。例年のように多様なセッションが繰り広げられたが、その一つに大学ランキングの是非を問う分科会があった。「ランキングなんて当てにならない」と息巻く大学人の発言に「日本と同じだ」と感じた一方で、粛々と大学のグローバル化を進め、結果としてランキングが上がったと話したスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)のフィリップ・ジレ教授の発表は大変印象的だった。

 英国の高等教育専門週刊誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』は2004年から毎年世界大学ランキングを公表している。最初に世界大学ランキングを公表したのは上海交通大学で、2003年のことだったが、現在、世界にもっとも影響を与えているのはTHEランキングだろう。THEは2014年に科学・技術・医学の情報企業エルゼビアと業務提携し、論文や特許などのデータ分析という従来の手法に加え、研究者からの評判も入れたランキングを作るようになった。

 分科会のタイトルは「ランキング再来:大学ランキングの使い方と間違った使い方」。大学ランキング研究の第一人者というダブリン工科大のエレン・ヘイゼルコーン教授、エルゼビアのリサ・カレッジさん、現在のランキングの欠点を改善しようと英国の8つの大学とエルゼビアが共同で評価指標を作った「スノーボール」プロジェクトの責任者のジョン・グリーン・ケンブリッジ大学教授、そしてジレ教授が登壇した。

拡大スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)のフィリップ・ジレ教授の講演

 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)は、THEの「設立50年以下の新設大学ランキング」で2015,16年と連続して世界1位になった。全体のランキングでは31位に位置する。上海交通大学の最新ランキングでは103位になっている。

 世界大学ランキングの問題点の一つとしてよく指摘されるのは、上位に並ぶのは老舗大学ばかりで、新興大学が順位を上げるのは極めて難しいという点だ。ジレ教授の講演タイトルは「新参者はどうすれば自分たちの学術価値を失わずにトップリーグに入れるか?」。つまり、EPFLは新参者(1969年創設。新設大学扱いは2019年までということになる)にもかかわらず、トップリーグに入ることに成功した例というわけだ。

 講演によると、同校は2000年、つまり世界ランキングが公表される前に改革計画を作り、世界クラスの大学になる目標を掲げた。「ランキングの津波」(と教授は表現した)が来る前に、次のような改革がなされた。 ・・・続きを読む
(残り:約1587文字/本文:約2646文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の新着記事

もっと見る