メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

林業地の大分・日田に木造ガソリンスタンド

木材需要の拡大へ、「こんな建物にも木が使える!!」

米山正寛

 林業地として名高い大分県日田市に、木造のガソリンスタンドが登場した。発火しやすい危険物を扱うスタンドが、木造で建てられたのは、どうやら全国でも初めてらしい。スタンドを経営する日田石油販売のオーナーである瀬戸亨一郎さん(56)は、日田の木材の総合窓口となっている日田木材協同組合の理事長という立場でもある。「こんな建物にも木が使える!!」と示すためのいわばショールームに、自らのスタンドを仕立て上げた形だ。「木材の需要拡大を図って林業を振興させるには、こうした新たな利用形態を広げていく地道な努力が欠かせない」。そんな思いの表れとなっている。

完成したガソリンスタンド。2階建ての建物が木造だ拡大完成したガソリンスタンド。2階建ての建物が木造だ
建築中の様子。建物の骨組みがすべて木であることがわかる
=写真はいずれも瀬戸亨一郎さん提供
拡大建築中の様子。建物の骨組みがすべて木であることがわかる =写真はいずれも瀬戸亨一郎さん提供

低迷する林業地

 四方を山に囲まれた盆地に、筑後川の支流である三隈川などの流れが霧を呼び、湿潤な自然条件に恵まれた日田市。ここには500年以上前の1491年、スギが人の手で植栽された歴史がある。江戸時代になるとスギを挿し木苗で増やす技術が伝わり、植林が奨励された。明治~昭和初期には木材の搬送や加工などについても様々な機能が高まり、林業地としての名声が定着した。

 だが戦後、輸入が自由化された外国産材の台頭もあって、国産材の価格や消費は1970年代をピークに低迷期を迎えた。さらに、木造住宅の建築工法も変化して柱を壁の表に出さない建築が広がり、立派な木を育てても付加価値として認められなくなってきた。かつて高価で取引された銘木や役物と呼ばれる材の需要は失われ、絞り丸太で有名だった京都・北山など、有名林業地の衰退につながっていった。 ・・・続きを読む
(残り:約1628文字/本文:約2269文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 森林文化協会事務局長補佐

公益財団法人・森林文化協会事務局長補佐(学術、出版)兼「グリーン・パワー」編集長。朝日新聞の科学記者を経て現職。とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せ、取材活動を重ねてきた。森林文化協会は、「山と木と人の共生」を基本理念として1978年に設立された朝日新聞創刊100周年記念の財団。
森林文化協会公式サイト

米山正寛の新着記事

もっと見る