メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

花形の船外活動、陰で重ねる飛行士の努力

【ヒューストン訓練報告1】初飛行までは6年の訓練、「次」に備えて技量維持を図る

油井亀美也

 米ヒューストンにある米航空宇宙局(NASA)の施設で、2月に船外活動(宇宙遊泳)とロボットアームの訓練を2週間行いました。宇宙での活動は、このほかにも各種実験や器材のメンテナンスなどたくさんあり、それらは全て大切なものなのですが、宇宙船の操縦、船外活動、ロボットアームの操作はその中でも非常に重要で目立つことから、飛行士の仕事の中では花形と言われています。そこで、今回から数回に分けて、その花形の訓練の内容や宇宙での活動と訓練との違い、訓練の重要性などについて書いていきます。

 さて、みなさん、訓練はなぜ必要なのでしょう? 私の場合は、宇宙飛行士候補者に選抜され訓練を開始したのが、2009年4月で、初めて宇宙へ行ったのが2015年7月ですから、実に6年間以上も訓練をしていたことになります。ちなみに、私が航空自衛隊で航空機の操縦訓練を開始してから、F-15で実際の任務に就くまで4年間ほど掛かりましたので、それよりも長い期間訓練をしていたことになります。

拡大航空自衛隊時代の油井亀美也宇宙飛行士。「自衛隊も宇宙飛行士も厳しい環境で仕事をするので、 訓練も厳しい」

 単純に比較することは出来ませんが、厳しい環境で仕事をする必要がある場合ほど、安全を保ちつつ仕事を成功させるために長く厳しい訓練が必要な気がします。命を懸ける必要がある厳しい環境で仕事をする際や、大きな期待を背負って何かをやり遂げなければならない場合などは、非常に大きな精神的プレッシャーが掛かります。

 私が、飛行隊代表のパイロットとして、 ・・・続きを読む
(残り:約1714文字/本文:約2317文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

油井亀美也

油井亀美也(ゆい・きみや) 宇宙飛行士

1970年生まれ。防衛大学校(理工学専攻)を卒業後、航空自衛隊に入隊、パイロットとして活躍。2009年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)に入り、11年に宇宙飛行士に認定。15年にロシア・ソユーズ宇宙船に搭乗して、国際宇宙ステーション(ISS)に約5カ月間、長期滞在した。現在は、JAXA有人宇宙技術部門に所属し、後に続く大西卓哉、金井宣茂宇宙飛行士のミッション達成のための支援などに携わる。

油井亀美也の新着記事

もっと見る