メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

食物アレルギー予防のどんでん返し

「赤ちゃんの消化管は未熟だから食べさせるな」という仮説は間違いだった

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

 食物アレルギー予防の常識に、大きな地殻変動が起きている。きっかけは、英国の研究グループが2015年に発表した「赤ちゃんに早い時期からピーナツを食べさせると、ピーナツアレルギーになる可能性が劇的に減る」という研究成果だ。これは常識をひっくり返す衝撃の結果で、すぐに世界中で次々と「国や地域が違っても同じ結果が出るのか?」「ほかの食材はどうか?」などの研究計画がスタートした。現段階では、ピーナツ以外については「早く食べ始めた方がいい」と言う世界的コンセンサスはない。しかし、「赤ちゃんの消化管は未熟だから食べさせるな」という仮説、つまり「アレルギー予防のために食事制限をすべきだ」というかつてのアドバイスは誤りだったと専門医は認めている。

 ピーナツに関する最初の研究は「LEAP」と呼ばれる。英国マンチェスターで昨年開かれたユーロサイエンスオープンフォーラム(ESOF)で、研究チームのロンドン大学キングスカレッジのギデオン・ラック教授が概要を説明した。それによると、イスラエルにはほとんどピーナツアレルギーの子がいないと気づいたのが研究のきっかけだった。ロンドンでは、たとえユダヤ系の子どもでもピーナツアレルギーは多い。イスラエルで暮らす子どもと比べるとロンドンは10倍も多く、卵アレルギーや湿疹の頻度もロンドンの方が多かったもののピーナツアレルギーの落差は群を抜いていた。

 2008年当時、英国では生後1年間はピーナツを食べさせるべきでないという政府のガイドラインがあった。一方、イスラエルで生後4カ月ぐらいからよく食べられていた離乳食に相当量のピーナツたんぱく質が含まれていた。そこでラック教授らは次のような研究をした。

 湿疹もしくは卵アレルギーがあるけれどピーナツアレルギーは発症していない4~11カ月の乳児640人を集め、ピーナツを食べさせるグループと食べさせないグループに無作為に分けた。使ったのは、イスラエルの赤ちゃんが食べていたトウモロコシとピーナツバターが混じった口溶けのいい離乳食で、食べさせないグループ用には見た目が同じでピーナツが入っていないものを用意した。

 5歳になった時点でピーナツアレルギーの有無を調べることができたのは628人(脱落者が少ないのもこの研究の大きな特徴)だ。結果はというと、ピーナツを食べたグループの発症率は3.2%、食べなかったグループは17.2%で、何と食べた方が相対的に81%も少なかったのである。

 次に着手された「EAT」プロジェクトは、とくに湿疹などを持たない「普通の赤ちゃん」約1300人を対象に6種類のアレルギー食材(ピーナツ、卵、牛乳、ゴマ、白身魚、小麦)を生後3カ月から食べ始める「早期」と6カ月までは母乳だけにしてそこから食べ始める「通常」の二つのグループに分け、 ・・・続きを読む
(残り:約2019文字/本文:約3189文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
デモクラシーやJournalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の新着記事

もっと見る