メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

東京五輪と環境の新たな価値

写真・図版:東京五輪と環境の新たな価値 1964年、第18回東京五輪の開会式  IOCのサマランチ会長は1990年、オリンピックムーブメントに環境保全を加えると宣言した。「環境」は「スポーツ」や「文化」と並ぶ五輪精神の一つとなった。それから30年。2020年に開かれる2度目の東京五輪は、サステナビリティー(持続可能性)が大きなテーマだ。高度成長期時代の五輪とは違った新たな価値の創出が求められる。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする