メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

放射線安全の専門家、5年後の反省

写真・図版:放射線安全の専門家、5年後の反省 除染廃棄物の搬出=2016年5月12日、福島県双葉町  福島第一原発が撒き散らした放射性物質の多さに誰もが途方に暮れていたとき、現地の支援にいち早く入った専門家たちがいた。放射線安全のプロとして除染の方法を考え、実践し、やり方を伝授してきた当事者が今、「不適切なアドバイスをいくつもしてしまった」と悔やんでいる。何がまずかったのか。これからどうすればいいのか。

Facebookでコメントする