メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ゲノム編集で政府と学会が対立

写真・図版:ゲノム編集で政府と学会が対立 ゲノム編集は社会をどう変えるのか  狙った通りの遺伝子を改変できる「ゲノム編集」という技術をめぐり、政府と学会が対立した。研究審査の主導権を「奪い合う」のではなく、譲り合って、まとまらなかった。米国では、政権が支持基盤の宗教右派の意向に配慮して、研究抑制をはかった時期もある。「生命倫理」という多くの人に身近なテーマが、政治で揺れる。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする