メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

福島の被曝線量をどう評価するか

写真・図版:福島の被曝線量をどう評価するか 福島県内のモニタリングポスト=2016年3月  福島の放射線の強さをどのように評価すべきか、さまざまな議論がある。一般市民が日常生活でどれだけ被曝をしているのか、正確に計測するのは難しい。周辺の放射線量のデータを手がかりに、個人の被曝線量を推測する計算方法については、専門家の間でも意見が分かれる。データ処理の方法や安全性の考え方について、違いがあるからだ。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする