メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

大洗「被曝事故」の安全管理と対策

写真・図版:大洗「被曝事故」の安全管理と対策 2012年に発足した原子力規制庁  茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構(JAEA)の施設で、作業員5人がウランとプルトニウムの保管容器を点検中、放射性物質が漏れる事故があった。5人は尿からごく微量のプルトニウムが検出された。原子力規制委員会の立ち入り検査などで、管理のずさんさが指摘されている。安全管理と事故対策は、どうあるべきか。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする