メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

世界に通用する教育への転換を

写真・図版:世界に通用する教育への転換を 大学教育は時代の要請に応えているか?  知識偏重の受験教育は、保身に長けた官僚エリートを生み出せても、国際舞台で活躍して人脈を築ける人材を育てられない。学会に出ても質問せず、静かに座っているようではダメだ。同調圧力の強さが、日本人を自ら縛っている。英語教育の強化だけでは、日本の国際化は進まない。必要なのは、知識偏重から自立性育成へと教育を転換することだ。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする