メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

核軍縮運動にノーベル平和賞

写真・図版:核軍縮運動にノーベル平和賞 ICANのフィン事務局長(右)=10月6日、松尾一郎撮影  この夏に採択された核兵器禁止条約への貢献が評価され、「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)にノーベル平和賞が贈られる。だが、核兵器廃絶決議案を国連に毎年提出してきた日本政府は、この成果を黙殺。核兵器使用の非人道性を訴える表現も大幅に後退させた。日本の態度に多くの国は失望。採択では賛成数を大きく減らした。

Facebookでコメントする