メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

基礎研究が危ない

写真・図版:基礎研究が危ない 国立大の研究費削減に抗議する梶田隆章さんら  国立大学の経営改革が、内閣府で議論されている。「世界の大学は、知識産業へ変貌しつつある」「日本の大学も、投資に見合うリターンを」などの意見が出ている。だが学問は、利益を生むかどうかで判断すべきものなのか。「役に立つ」ことが優先され、大学の経営判断の尺度にされるなら、基礎研究の将来はどうなってしまうだろう。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする