メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

福島第一原発事故から7年

写真・図版:福島第一原発事故から7年 福島第一原発に設置中のドーム状の屋根=2017年12月、竹花徹朗撮影  政府が7年前に出した「 原子力緊急事態宣言」は、今も解除されていない。福島第一原発では廃炉作業という名の事故処理が続けられ、炉心溶融によって熔け落ちた高い放射能を持つ燃料デブリを取り出す方法は、まだ見えない。放射能影響の予測システム「SPEEDI」を今後の防災にどう生かすかについても、専門家や政府の見解は割れている。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする