メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

クニマス再発見でちょっと気になること

写真・図版:クニマス再発見でちょっと気になること  クニマスが生きていた、という驚きのニュースは年末の日本列島に明るい波紋を広げた。絶滅種が実は絶滅していなかったというのは、だれにとってもうれしいことだ。だが、この話を耳にしたとき、ちょっと引っかかるものを感じた人も少なくないだろう。そう、西湖の生態系にとって、クニマスは「外来種」にほかならなかったのだ。クニマス健在を祝いつつ、国内外来種問題を考えてみたい。〈写真は、西湖のクニマスと、今回の再発見の立役者、さかなクン=中山由美撮影〉

Facebookでコメントする