メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

除染の現実

写真・図版:除染の現実 除染現場で作業員が落ち葉を川へ蹴り出していた

 「手抜き除染、横行」と朝日新聞で報じられて以来、除染のあり方がクローズアップされている。巨額の税金が投じられている除染事業。それでいて、被災地以外では関心が薄らいでいることは否めない。被災地では、除染に対するさまざまな感情が渦巻く。期待、落胆、戸惑い、怒り、不信、諦め、受容・・・。住民も、自治体担当者も悩んでいる。手抜き除染をすっぱ抜いた朝日新聞には、「手抜きはけしからん」という声だけでなく、「そもそも環境省の指示がおかしい。原状では手抜きが横行して当然」という意見や、「必要のない除染が行われていることの方が問題」といった意見が届いている。除染とは何なのか。どのように進められているのか。何が問題なのか。

Facebookでコメントする