メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

職務発明は誰のものか

写真・図版:職務発明は誰のものか 中村修二・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授。「職務発明制度」をめぐる議論に火をつけた  6月7日に閣議決定された「知的財産政策に関する基本方針」で、「職務発明制度の抜本的な見直し」が盛り込まれた。中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の青色発光ダイオード特許訴訟で有名になった「職務発明制度」とは、発明の権利は発明者のものだが、会社は「相当の対価」を払って自由に使って良いとするものだ。それを「例えば、法人帰属又は使用者と従業者との契約に委ねる」という方向性が打ち出された。従業員のした発明が丸々「会社のもの」になっていいのか?

このテーマについての記事

Facebookでコメントする