メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

木村 薫(きむら・かおる) 東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻教授

木村 薫

1979年東京大学理学部物理学科卒、1984年に同博士課程を修了(理学博士)。大学院時代に所属の二宮敏行先生と仙場浩一氏が、ペンローズ・パターンを研究。1984年から東京大学物性研究所の竹内伸先生の研究室の助手に着任直後に準結晶が発見され、幸運にもすぐに研究開始。1989年に同大学工学部材料学科の井野博満先生の講師、助教授を経て、1999年から現職。

記事一覧

  • 前へ
  • 1