メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

石川陽子(いしかわ・ようこ) 首都大学東京健康福祉学部准教授

石川陽子

東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻博士課程修了。看護師として病院勤務の後、アジア、アフリカで国際協力活動に携わる。2007年より現職。2012年から2017年に首都大学東京と東京都が連携し実施した「アジアと日本の将来を担う看護・介護人材の育成事業」でEPAにより来日した看護師に国家試験の学習支援を行った。研究テーマは看護師の国際移動、異文化看護。

記事一覧

  • 前へ
  • 1