メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

長谷川敏彦(はせがわ・としひこ) 一般社団法人未来医療研究機構代表理事

長谷川敏彦

15年の外科医生活、ハーバード大学公衆衛生大学院での活動を経て1986年に旧厚生省に入省、「がん政策」「寝たきり老人ゼロ作戦」を立案。国立医療・病院管理研究所医療政策研究部長、国立保健医療科学院政策科学部長として「健康日本21」「医療計画」「医療安全」等に関与。日本医科大学医療管理学主任教授を経て、2014年に未来医療研究機構を設立。その後、過去40年間の日本の医療制度改革の歴史分析を英語で出版、日本医師会公衆衛生委員会にて健康の新定義(2018年)、健康格差の答申(2020年)に参与。

記事一覧

  • 前へ
  • 1