メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

紺田 哲司(こんだ・てつし) 

紺田 哲司

 西村あさひ法律事務所弁護士。
 2004年、早稲田大学法学部 (LL.B.)卒業。2007年、早稲田大学大学院 (J.D.)修了。2008年、第二東京弁護士会登録。2017年、University of Southern California Gould School of Law (LL.M.)修了。2017年~2018年、バンコク事務所勤務。
 主な書籍・論文は、『タイのビジネス法務』(共編著、2021年)、『法的整理計画策定の実務』(共編著、2016年)、『事業再生の迅速化』(共編著、2014年)、『銀行窓口の法務対策4500講 I~V』(共編著、2013年)、「債権者の立場で法的整理を申請する場合の留意点」(銀行法務21 No.758(2013年5月号))、『事例でわかる 旅館・ホテル・ゴルフ場の再生実務』(共編著、2013年)、「林原グループの事業再生ADR申請の経緯および更生手続申立ての経緯」(金融法務事情 No.1952(2012年8月25日号))などがある。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

記事一覧

  • 前へ
  • 1