メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

岩井 久美子(いわい・くみこ) 

岩井 久美子

 2001年3月、慶應義塾大学法学部卒。2006年3月、慶應義塾大学法科大学院修了(法務博士(専門職))。2008年12月、司法修習(61期)を経て弁護士登録。2008年12月~2011年6月、 弁護士法人曾我・瓜生・糸賀法律事務所(北京事務所、東京事務所、上海事務所)。2011年7月から2014年7月まで独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)出向。2012年3月~2019年4月、曾我法律事務所。2019年5月、アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所。
 2012年~2015年、慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)助教。2012年~2015年、一般財団法人ソフトウェア情報センター(SOFTIC)「中国における知的財産権問題等に関する検討委員会」委員。2013年から国家試験知財管理技能検定委員。2014年~2021年、山口大学大学院技術経営研究科非常勤講師。2015年、東京工業大学社会人大学院非常勤講師。2015年~2018年、一般財団法人ソフトウェア情報センター(SOFTIC)「IoT時代におけるOSSの利用と法的リスクに関する検討委員会」委員。2016年9月~2018年7月、Gatmaytan Yap Patacsil Gutierrez & Protacio (C&G Law, Philippines)出向。2018年から一般社団法人日本知的財産協会研修会講師。2020年4月~2020年9月、神戸大学大学院法学研究科非常勤講師。2022年から日弁連知財センター委員。2022年1月、アンダーソン・毛利・友常事務所スペシャル・カウンセル就任。2022年4月から神戸大学大学院法学研究科非常勤講師。2022年4月から山口大学大学院技術経営研究科非常勤講師。
 主な著書・論文に「意匠・デザインの法律相談Ⅰ・Ⅱ」(共著、青林書院、2021年2月)、「知財法務の勘所Q&A(第26回)OSSライセンスの基礎知識」(知財ぷりずむ8月号Vol.17 No.203、2019年8月)、「OSSライセンスのリスク管理術~OSSを提供する側・される側の両側面から~」(Business Law Journal 2019年8月号、2019年6月)、「OSSライセンスの教科書 技術評論社」(監修、2018年9月)、「IoT時代におけるOSSの利用と法的諸問題 Q&A集」(共著、一般社団法人ソフトウェア情報センター、2018年3月)、「フィリピン個人情報保護法とその施行規則について」(国際商事法務2017年7号、Vol.45 No.7、2017年7月)などがある。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

記事一覧

  • 前へ
  • 1