メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

弘中 聡浩(ひろなか・あきひろ) 

弘中 聡浩

 1993年、東京大学法学部卒業、1996年、弁護士登録(司法修習48期)。2003年、ハーバード・ロースクール修了(LL.M.)、2004年、ニューヨーク州弁護士登録。1998~2000年、横浜地方裁判所判事補任官、2003~2004年、アーノルド・アンド・ポーター法律事務所(ワシントンDC)勤務。2007年から西村あさひ法律事務所パートナーとして、国内・国際訴訟、国際仲裁、租税訴訟等を担当。  著作としてYasuhei Taniguchi, et al. eds, Civil Procedure in Japan (Revised 2d ed.)(執筆分担、Juris Publishing, 1999-2009(Binder/Looseleaf))、藤倉皓一郎=小杉丈夫編『衆議のかたち アメリカ連邦最高裁判所判例研究(1993-2005)』(執筆分担、東京大学出版会、2007年)、『租税法概説』(共編著、有斐閣、2011年)、『移転価格税制のフロンティア』(共編著、有斐閣、2011年)、『国際租税訴訟の最前線』(共編著、有斐閣、2010年)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

記事一覧

  • 前へ
  • 1